振袖の移り変わり

大和撫子か化け物か、振袖の着方

大和撫子か化け物か、振袖の着方 振袖の着方は大きな流れを見てみると5つあります。
 まず第1に、まず下着をつけます。
昔は着物を身につける時は下着を着けなかったようですが、現在では身につけるのが一般的です。
ブラジャーをつけてから、足袋をはきます。
そして肌襦袢を身につけたら下着は完了です。
 第2に、補正を行います。
補正パッドを重ねる事によって、体の凹凸を無くしていきます。
次に帯を交差させて前で結びます。
あまったものは内側に折りこんで、目立たなくすれば補正は完了です。
 第3に、長襦袢を身につけます。
長襦袢をはおって、背中の真ん中に合わせたら、今度は上下の部分を合わせ、そして左右も合わせていきます。
合わせ終わったら、マジックベルトで長襦袢を固定します。
その後シワをのばしたら完了です。
 第4に、着物の振袖を着ます。
まず一度、着物を羽織って背中に空気を入れるような感じでもう一度羽織り直します。
次に、着物の下を持って、腰元まで持っていき袖の長さの調節をします。
この時、足のくるぶしが隠れるぐらいが丁度いいです。
調節が出来たら、腰紐でしっかりと固定し、着物ベルトをつけて、全体のシワを伸ばし整えたら、もう一度腰紐で固定します。
 第5に、帯を結びます。
帯を体にぐるぐると巻きつけていき、余った部分を背中に回しこんで、帯の形を整えたら、これで美しい大和撫子の完成です。

振袖にまつわるあれこれ

振袖にまつわるあれこれを知りたい場合には、和服を専門的に取り扱っている巷の店舗において、熟練のスタッフに相談を持ち掛けることがおすすめです。
特に、卒業式や入学式、結婚式などの際に着用できる振袖の選び方については、若い世代の女性にとって、欠かせないテーマとしてみなされることがありますが、常日ごろから便利な情報をキャッチすることが良いでしょう。
また、振袖の価格帯については、一般の消費者が判断しにくいところがあるとされ、いざという時に備えて、アフターサービスがしっかりとしている購入先を見つけることが重要な課題として挙げられます。
もしも、振袖の購入方法に関して迷っていることがあれば、色々なタイプの商品が取り扱われている店舗のパンフレットやカタログなどを参考にすることが欠かせません。
その他、腕利きのスタッフから直にアドバイスを受けることによって、将来的な負担を大幅に軽減することができるといわれています。