振袖の移り変わり

振袖を活かす和装小物といえば

振袖を活かす和装小物といえば 若い人が着る振袖は、とても華やかでその人を美しく着飾ります。
しかし、振袖を一層活かすかすためには和装小物は絶対に欠かすことが出来ません。
では、どんな和装小物がおすすめでしょうか?いろいろありますが、その一つが髪飾りです。
髪形や顔はすぐに目が行くところですので、髪飾りはとても大切です。
若者らしく大きくて華やかな髪飾りを付けるようにしましょう。
髪飾りは選ぶ際、自分の好みに加えて振袖に合うように色をよく選ぶことが、とても大切です。
そして髪飾りをつける場所も重要です。
髪飾りを後ろに着けるならあまり目立ちませんので、サイドに着けるようにしましょう。
他におすすめの和装小物は、バックや巾着です。
バックや巾着も髪飾りと同様、振袖の柄と色と合うデザインのものを選びましょう。
他にも、襟元のつけ襟、ショールなども着物を引き立てます。
どんな小物を選んだらよいかわからない場合には、着物店の店員に聞いてみると良いでしょう。

振袖にまつわるあれこれ

日本人ならではの和装は凛とした美しさと清楚さが表現できる日本ならではの正装です。
特に振袖は20歳の記念に着ることが多く、子どもから大人へのステップの機会として良い記念になるものです。
好みや似合うものを前提に選んでいくことが多いですが、振袖のベースに和装小物の合わせ方でまた表情が変わってくるものです。
華やかさと可憐さを表現したい場合には黄色やピンクの着物に、同色や薄めの色の小物を合わせることでより清楚さがアップします。
また、黒を基調とした着物には、帯や髪飾りに鮮やかな赤い花模様や、金色のポイントがあることで、大人っぽさと豪華さが表現できます。
振袖は柄が多く使われていることが多いので、その柄に使用されている色の中から同じ系統のものを小物として使用すると全体的に締まりができて、良いです。
小物によって振袖の表情は変わります。
自分ならではのオリジナリティを取り入れ、髪型やしぐさも和装に合ったものを取り入れることで良き成人の日を送ることができます。