振袖を着る機会の作り方

振袖を着るタイミングといえば?

振袖を着るタイミングといえば? 昨今「振袖」という言葉を聞いたほとんどの人が「成人式で着る服ね」と結び付けます。
成人式の為に購入したところで、着るタイミングが分からないという人は多いかもしれません。
しかし振袖というものは本来、未婚の女性がフォーマルな場で身に付ける和服なのです。
成人式に限らず、自身のお見合いの席や結納、友人や親戚の結婚式と、式典にはピッタリな服装です。
洋装のドレスも良いですが、現在あまり目にする機会のない和服を着るというのも、風情があって良いものです。
また、正月の際に着ても良いですね。
初詣に行く時は、宮司さん巫女さんが和服姿でいらっしゃるので着て行きやすいです。
親戚が集まり新年の挨拶をする時にも、身に付けて行けばその場が華やかになることでしょう。
このように、振袖を着るタイミングというのは、思っているよりも多いのです。
普段は洋服を身に付けていても、時には袂が鮮やかな振袖を着て、日本の心を思い出してみることもいいでしょう。

振袖を着る機会の作り方

振袖は未婚女性の正装で、結婚をして既婚者になると着ることはできません。
ですから、成人式や結婚式に招待された時などは良い機会です。
洋装のドレスやスーツも素敵ですが、振袖の艶やかさには勝てないでしょう。
今の時代は、振袖一式をレンタルする方が経済的ですし、豊富な色柄から自分好みのものを選ぶことができ、専門のスタッフのアドバイスで、帯や帯締め、帯揚げ等と上手くコーディネートできます。
格式の高い着物ですから、普段着る機会は少ないですが、最近では、大学の卒業式に振袖を着ている女性を見かけることが多いです。
袴を着る際にも、一緒に着用しますからより華やかな印象になります。
昔は着用後のお手入れが大変でしたが、今は、アフターケアのしっかりしたレンタル店を利用すれば、少々汚れても余り気にすることもなく、一日を楽しめます。
外国の観光客からも注目されている、日本の伝統工芸でもありますから、機会があれば是非着用したいものです。