振袖の移り変わり

結婚式に振袖で出席する

結婚式で振袖を着る 結婚式に招待されたとき、自分がまだ未婚であれば振袖を着て出席をしようと考えることもあるでしょう。美しい着物姿は式場の花となりますから、とても喜ばれるものです。
けれども成人式に着てからそれ以降は着ていないと思った時には、振袖でいいのかどうか本当に悩んでしまいます。
年齢的には、近年は晩婚化してきていますので、30代前半ぐらいであれば振袖でも問題ないだろうと言われています。
また、よく花嫁よりも派手になるからやめておいた方がいいのかとアドバイスなどをもらうこともありますが、花嫁は結婚式に合わせて白無垢や色打掛、振袖であってもさらに華やかな雰囲気で登場しますから、それほど気にしすぎる必要はありません。
ただし、着用している姿が年相応かどうかはチェックしたいものです。成人式の時そのままだと雰囲気がちぐはぐになる場合もあります。
それに、二次会に参加する時は汚れたり崩れやすくなるので、その時は着替えたりする方が参加もしやすいので、予定などに合わせてドレスもあるといいでしょう。

花嫁の衣装としての振袖

結婚式や披露宴での花嫁の衣装やお色直しの衣装として、振袖もなかなか人気があります。何といっても、結婚式は花嫁にとって最後の「未婚女性としての装い」の場でもあるので、実に相応しい装いです。
特に結婚式や披露宴の衣装に特化されたものとして、「引き振袖」というものがあります。
名前の通り裾を引くタイプの着物であり、裾には綿が入れてあるのが一般的です。黒の引き振袖に角隠しを被るのは、実は江戸時代の武家から昭和初期に至るまで白無垢以上に一般的な婚礼衣装でした。現代では黒の他にも、様々な色のものが選ばれています。
引き振袖は別名を「お引きずり」ともいい、裾を引く姿がいかにも時代劇の貴婦人や花魁のような印象を与えてゴージャスさに憧れる方も多いです。
しかし実際には裾を引きずって歩くのは室内であっても衣装の傷みを早めてしまうので、やめておくべきです。
裾はあくまで持ち上げて歩くものであり、裾を引く姿は静止状態の時や撮影の時のみに留めておきます。