振袖の移り変わり

着付け教室で振袖を着用する

振袖 憧れの振袖を綺麗に着こなしたいと思うのであれば、とりあえず着付けてもらえば何とかなるという訳ではありません。
美しく着る事も大前提としてありますが、立ち居振る舞いも洋服を着るときとはかなり違いますから気を付けていかなくてはいけません。
自分自身で振袖を着られるようになりたいと思った時には着付け教室で本格的に学んでみるのもいいでしょう。
無料の教室や体験ができるところもありますので、成人式などお祝いの席が近づく前に学んでみましょう。
選ぶ時には道具が必要かどうかや、通いやすさなども確認してみて下さい。
振袖がきちんと着用できるようになれば他の着物も着られるようになります。
また、教室に通うことで他の生徒と一緒に学べますから、新たな出会いなどもありますので、着付けをするのに励みにもなります。
指導者がいると正しく着付けもできますから、振袖を着た時の姿も美しいものです。
作法なども学べますので、自分が楽しめそうな教室を選んで出かけてみて下さい。

振袖姿の記念撮影もしてもらいましょう

お祝い事に着るというイメージが強い振袖は、やはり写真を撮ってその姿を残しておきたいと思う人が多いです。
特に成人式などは人生に一度きりですから、家族で記念撮影をしたり、ポートレートとして一枚残しておくということもあります。
最近はたくさんのフォトスタジオがありますので、振袖を撮ってくれるプランなども数多くあります。
記念ですから、スタジオ側で用意してくれている振袖を着てもいいですし、持ち込みが可能なところであればそれらも利用を検討してみるといいでしょう。
メイクやヘアセットなどもプランの中に組み込まれているところも多いので、利用してみたいプランの比較をしてみましょう。
スタジオや写真館などでも用意されているプランはかなり違います。
前撮りをしてくれるプランなのか、それとも当日に記念撮影をするのか、それともまたは両方とも利用するのかをよく考えましょう。
何年か経った時に見返して思い出深くなるような、一生に一度の自分の成人式の姿を思い出に撮ってみて下さい。